2018.04.13

    「頭を使え!」

    「木箱・常陸大宮 93/100」(仮称)の敷地には、たくさんの木が生えていました。
    住宅建設にあたり、日照と眺望を考慮して、10数本伐りました。
    まだ、大木が何本も残っています。
    地元の工事関係者達から、「落ち葉が大変だから伐ったほうがいいよ。」との忠告を受けました。
    都会の設計士には、こんな大木の処理はわかりません。
    改めて、大木を見上げていたら、
    大木の気持ちを感じました。
    「伐らずに済むように、頭を使え!設計士だろう。」
    そうだよね。同感。201804130001.jpg

    Posted at 20:59 | 工事進捗 |
    2018.04.12

    「こごみのおひたし」

    今日も常陸大宮にいます。
    現場の敷地は広く、数種類の植物が群生しています。
    花も咲いていて、きれいです。
    山菜の「こごみ」も群生しています。
    今日の夕食のおかずは、「こごみのおひたし」です。
    茹でる時間がポイントだそうです。
    201804120001.jpg
    201804120002.jpg
    201804120003.jpg
    201804120004.jpg

    Posted at 17:59 | 工事進捗 |
    2018.04.11

    3カ月間帰ってこないかも。

    木箱組の社長は、常陸大宮が気に入りました。
    里山があり、川があり、この時期は山菜もあります。
    木箱組は、「木箱・常陸大宮 93/100」の工事を請け負います。
    事務所から150kmも離れた現場です。
    遠方の現場は「もうやらない」とあれだけ言ってたのに、
    昨年の厚木市、一昨年の佐倉市、3年前の足利市の苦労を忘れたようです。
    そういう性格だから仕方ありません。
    明日も早朝から常陸大宮で打ち合わせです。
    3カ月間帰ってこないかも。
    201804110002.jpg
    2018040110001.jpg
    2018040110003.jpg
    20170004.jpg

    Posted at 20:21 | 工事進捗 |
    2018.04.09

    「俺の目が黒いうちは、」

    当事務所が設計した「N邸」に20数年ぶりにお邪魔しました。
    鉄骨造の3階建てです。
    外観を見ながら工事中のことを思い出しました。
    施工業者は、あのスーパーゼネコンのカ〇マ建設でした。
    ベテランの工事所長は月に一度、現場を視察に本社から来ます。
    厳しい所長は、ある日、現場を見て、「これは何だ! 俺の目が黒いうちは、こんなことはさせない。」
    と、ドラマでしか聞いたことのないセリフを、大声で言ってました。
    「すいません。それを指示したのは、設計者の私でした。ごめんなさい。」
    嫌な経験を思い出しました。
    嫌な記憶を忘れられるから、人間って、生きていけるんだよね。
    201804080001.jpg
    201804080002.jpg

    2018.04.08

    新芽の色は?

    「木箱・白鷺 74/100」の大きな楓に新芽が出ました。
    新芽の色は緑でなく赤です。
    初めから紅葉しています。
    最初の年は、新緑を期待していたので、がっかりしました。
    でも、これから夏にかけて緑に近づくことがわかりました。
    そして秋には、美しく紅葉します。
    この樹種は、葉の色の変化を楽しめます。
    201804070001.jpg
    201804070002.jpg