2018.05.11

    床暖房

    全ての「木箱」には床暖房が施されています。
    「木箱」の天井は高いことが多いので、冬季はエアコンでは快適な環境になりません。
    輻射暖房の床暖房が必須です。
    「木箱・下石原 95/100」の1階は、コンクリートに温水パイプを埋め込む方式です。
    コンクリートを温めるので約2時間かかりますが、温まってしまうと快適です。
    2階は温水パネル工法で、温水パイプの上のアルミパネルを温めます。
    銀色に見えるのはアルミパネルです。
    床面のほぼ全面に施設します。
    床暖房がなければ、「木箱」の建て主に喜んでもらえる自信ありません。
    弱気すぎるかなあ。
    201805110001.jpg
    201805110002.jpg