fc2ブログ
    2022.03.24

    「先生」と呼ばれています。

    東京湾の埋立地で工場の増築をしています。
    5回目の増築です。
    2011年の大地震では隣地で地盤の液状化が起りました。
    液状化を考慮して、今回の設計は杭を25メートルも長く設計しました。
    工事は順調に進んでいます。
    施工者はゼネコンです。
    私は設計監理者という立場です。
    この現場では、「先生」と呼ばれています。
    木箱組の現場のように職人から、「ビス買って来て!」なんて言われません。
    木箱組の職人たちに見せたいです。DSC_0452.jpg
    DSC_0577.jpg