2018.04.19

    自家製のシフォンケーキと美味しいコーヒー

    「N山荘」から500m離れた道路沿いに、以前に設計した、山中湖畔の宿泊施設があります。
    敷地は、山中湖越しに富士山を眺められる絶好な場所です。
    久しぶりにお寄りしました。
    今まで設計した木造の建物では、一番大きいです。
    竣工してから31年経ちますが、外壁のレッドシダー(米彬)は傷んでいません。
    内部もきれいです。
    塗り壁と、無垢の木にこだわりました。
    当時はまだ30代前半だったので、設計者として、未熟でした。
    が、知らない土地で、初めてお会いする建て主から機会を与えられて、一所懸命に設計していた思い出があります。
    ご褒美でしょうか、自家製のシフォンケーキと美味しいコーヒーをいただきました。
    201804190001.jpg
    201804190002.jpg
    201804190003.jpg
    201804190004.jpg
    201804190005.jpg

    2018.04.17

    下総中山の法華経寺

    「木箱・下総中山」は、千葉・下総中山の法華経寺の奥の閑静な住宅地にあります。
    法華経寺の参道を通り、境内を通り抜けるのが近道です。
    今日は、骨董市が行われていて、人が多いです。
    骨董には興味ないので、素通りです。
    仕事で出来ているので、今まで一度も境内の散策をしていません。
    いつも、もうちょっと時間があればなあ、と思います。
    201804170001.jpg
    201804170003.jpg
    201804170004.jpg
    201804170005.jpg
    201804170006.jpg

    2018.04.09

    「俺の目が黒いうちは、」

    当事務所が設計した「N邸」に20数年ぶりにお邪魔しました。
    鉄骨造の3階建てです。
    外観を見ながら工事中のことを思い出しました。
    施工業者は、あのスーパーゼネコンのカ〇マ建設でした。
    ベテランの工事所長は月に一度、現場を視察に本社から来ます。
    厳しい所長は、ある日、現場を見て、「これは何だ! 俺の目が黒いうちは、こんなことはさせない。」
    と、ドラマでしか聞いたことのないセリフを、大声で言ってました。
    「すいません。それを指示したのは、設計者の私でした。ごめんなさい。」
    嫌な経験を思い出しました。
    嫌な記憶を忘れられるから、人間って、生きていけるんだよね。
    201804080001.jpg
    201804080002.jpg

    2018.04.08

    新芽の色は?

    「木箱・白鷺 74/100」の大きな楓に新芽が出ました。
    新芽の色は緑でなく赤です。
    初めから紅葉しています。
    最初の年は、新緑を期待していたので、がっかりしました。
    でも、これから夏にかけて緑に近づくことがわかりました。
    そして秋には、美しく紅葉します。
    この樹種は、葉の色の変化を楽しめます。
    201804070001.jpg
    201804070002.jpg

    2018.04.06

    日本建築学会作品受賞作品です。

    12年前に竣工した「木箱・田柄 33/100」にお邪魔しました。
    忘れていましたが、お隣りは我が師篠原一男先生設計の「篠さんの家」です。
    日本建築学会作品受賞作品です。
    201804060001.jpg