2018.02.20

    カスタマイズされた台所

    竣工から1か月半たった「木箱・あらかわ遊園」にお邪魔しました。
    木箱の考えは、「住まいは自分で作り上げるものだ。」です。
    未完成の木箱を、建て主自らカスタマイズして、生活に合わせていました。
    台所周りの写真を撮らせていただきました。
    201802200001.jpg
    201802200002.jpg
    201802200003.jpg

    2018.02.19

    独りぼっち部屋

    「木箱・東元町 73/100」の延べ面積は40坪ありますが、家族室だけで個室がありません。
    ワンルームです。
    一般的な表現では、0LDKとなります。
    昨年12月に四男が誕生しまれた。
    現在のお母さんは「一人になりたい」と思うときがあるそうです。
    木箱組社長にはそのような経験はありませんが、
    少しわかるような気がします。
    四人の男の子を育てるのは大変なことです。
    女性に優しい木箱組社長は、すぐに動きました。
    が、設計者としての考えでは、「個室」は作りたくありません。
    木箱の中に「個室」ではなく、「独りぼっち部屋」を作ることにしました。
    お母さんのための部屋ではありません。
    家族みんなが、それぞれ1人になりたいときに使います。
    「ひとりで静に本を読みたいとき」
    「怒られて、一人で泣きたいとき」
    「ゆっくり、ひとりでお茶とお菓子を味わうとき」
    「ひとりで、家族とは別の空気を吸いたいとき」
    「大声出してストレスを発散するとき」
    「インフルエンザにかかり、隔離する時」
    「親に隠れて秘密の事をするとき」
    いろいろなことに使えそうです。
    だから、木箱の構成は、「家族室」+「独りぼっち部屋」
    となりました。
    新たなアイデアの誕生です。
    201802190001.jpg
    201802190002.jpg
    201802190003.jpg

    2018.02.18

    定期点検

    「木箱・nt 51/100」は屋内に建っています。
    梁にハンモックをぶら下げて、スポーツ選手の体幹トレーニングに使用されています。
    定期点検に行ってきました。
    残念ながら、美少女たちには会えませんでした。
    201802180001.jpg
    201802180003 (2)

    2018.02.17

    北茨城の味

    常陸大宮に打ち合わせに行ってきました。
    打ち合わせ後に、けんちん汁、ウドの天ぷら、そばの実の茶わん蒸しなどをご馳走になりました。
    お土産のイチゴは「いばらキッス」と「?」との味比べ。
    北茨城の味を堪能した充実した一日でした。
    201802170001.jpg
    201802170002.jpg

    201802180003.jpg

    2018.02.13

    竣工5年目の定期点検

    5年前に竣工した「木箱・八幡町」は長期優良住宅の認定を受けました。
    長期優良住宅には税金控除のメリットがあります。
    が、定期点検をしなければなりません。
    今日は、竣工5年目の定期点検のためにお邪魔しました。
    問題箇所はありませんでした。
    室内は、床暖房が効いていてとても気持ちよかったです。
    2階の居間でくつろいでしまって、予定よりも長居してしまいました。
    201802130001.jpg
    201802130002.jpg
    201802130003.jpg