2018.06.12

    今月竣工しちゃうかも。

    今日は常陸大宮も雨です。
    外壁の合板には気密シートを貼りましたので。ブルーシートを剥がしました。
    内部は、もう室内の完成時の雰囲気がわかります。
    もしかしたら、今月竣工しちゃうかも。
    いつも楽観的な木箱組のコメントです。201806110001.jpg
    201806110002.jpg
    201806110003.jpg

    Posted at 17:05 | 工事進捗 |
    2018.06.11

    大工さんの同級生

    写真は現場前の田んぼです。
    稲が確実に成長しています。
    写真に写っている左端の家が、東京から来てくれた大工さんの高校の同級生の家だそうです。
    偶然出すが、こういうこともあるんですね。
    夕方、現場にその同級生が大工さんを迎えに来ました。
    「うちで酒飲んで、宿にはタクシーで帰ればいいよ。」
    宿までは6キロあるんです。
    やっぱり、私が予想した通り、大工さんは帰ってきませんでした。
    だって、しょうがないよね。
    現場の隣ですから、宿に帰る理由がありません。
    もう60を超えたオヤジですから、心配ありません。
    楽しんでください。201806080001.jpg

    Posted at 13:02 | 工事進捗 |
    2018.06.08

    現場に乗り込んで5日目

    常陸大宮の現場に乗り込んで5日目です。
    壁の合板を張り始めました。
    合板は建て主が白く塗ってくださいました。
    150枚だから大変だったと思います。
    白い合板を張ることで、柱と棚板がはっきりして効果が出ています。
    そろそろ「東京に戻りたい」と思うかもしれませんが、
    木箱組社長は、可能ならば、このまま現場にいたいです。
    東京の現場も、打ち合わせも忘れて。201806070001.jpg

    Posted at 05:22 | 工事進捗 |
    2018.06.07

    、ブルーシートで木箱を覆いました。

    「木箱・常陸大宮 93/100」の現場は、屋根下地とルーフィング張りまで終了しました。
    明日から雨模様なので、ブルーシートで木箱を覆いました。
    しばらくは、外部からは柱と梁は見えなくなります。201806060001.jpg
    201806060002.jpg

    Posted at 06:28 | 工事進捗 |
    2018.06.05

    白の下地に、赤みをおびた米松の梁が映えます。

    今日から東京の大工さんが3人、応援に来てくれました。
    「木箱212構法」に慣れています。
    作業のスピードが速くなりました。
    午前中で、天井の白い合板を張り終えました。
    白の下地に、赤みをおびた米松の梁が映えます。
    今回は、合板の継ぎ目の転び止めを無くしたので、さらにすっきりしました。
    おまけに、木箱組社長の午前の仕事をお見せします。101806040003.jpg
    201806040004.jpg
    201806040005.jpg
    201806040005.jpg

    Posted at 16:19 | 工事進捗 |